強制おむつプレイされたった話・・・ - 理系ヲタ大学生リョウの出会い系戦記
FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

強制おむつプレイされたった話・・・

2018/ 01/ 21
                 



投稿者サラリーさん



半年くらい前の話になるんですが、出会い系サイトがきっかけで、人生初のおむつプレイを体験しました。

仕事が終わって、帰宅した後、出会い系サイトの掲示板をみてたら、

『アブノーマルなプレイできる方募集してます・・・』って書き込みがあったので、サイト上で少しやり取りをした後、メールアドレスを交換して直接やり取りしてました。

PCMAXってサイトなんですけど、何回か使ってはいたんですが、リアルタイムでアブノーマル系の募集見たのはこの時が初めてだったんで、興味本位で書き込みに返事したのがきっかけです。

単にアブノーマルなプレイと言われても、やはりどんなプレイ内容なのかは気になったので、一応内容をメールで聞いては見たんですけど・・・



『因みに、どんなことするんですか?』

『んーそれはちょっとまだ秘密です♪』

『ただ、一つお願いがあるんですけど・・・』

『なんですか?』

『プレイの時は、私に絶対服従してください!ちょっと恥ずかしいような命令とかもするんで、それでも絶対服従です。』

『できます?』




こんな流れで、教えてもらえないまま一方的に服従することになりました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

自分は風俗店とかでは遊んだことが無かったんで、今回のこのアブノーマル募集の掲示板の書き込みに結構期待してました

そこでまさかのプレイ内容がわからないままの服従ですので、この時さらに期待が膨らみましたw

メールをしていく上でお互いの性欲を満たすためだけのお金なし割り切りエッチって感じだったので実際に出会うまでに時間はほとんどかからず、お互い独身だったこともありその週の土曜日のお昼に会うことになりました!



当日、少し早めに家を出て、蕎麦を食べた後待ち合わせ墓所で待ってたんですが、15分くらい遅れて相手の女性が到着。ロングヘアのおそらく30代くらいの女性で、ぽっちゃりでもなく老けている感じもないのでなかなかアタリだと思い、気が早いですがこの人に服従してる自分を想像してドキドキしてました(笑)

この後お互い割り切っていた感じなのでスムーズにホテルまで到着。

お互いシャワーを浴びた後、僕に施されるプレイ内容が明らかに・・・



シャワーを浴び、ベッドインと思いきや・・・ベッドではなくソファーに座らされました。しかもなぜかソファーに対面する向きで・・・ そしてさらに目隠しまで・・・

目隠しで何されるかわからない状況のまま、興奮半分不安半分にいると、お尻を少し撫でられた後、いきなりパンツを膝まで降ろされ、さすがにびっくりして目隠しを取ろうとしましたが、



『服従って約束。もう忘れたの?』



この一言を耳元で息がかかるように言われて。。大興奮!!

もうどうにでもなれ!!って感じで大人しくそのままの態勢でいたら、両太ももの間に、ガサガサした何かが入ってきました。

それに意識を取られるのもつかの間、そのガサガサは一気に僕の股、お尻を包み込みここで気付きます。

『おむつ履かされた・・・』目隠しを取られてさらに現実を突きつけられます・・・そのおむつの色ピンク色・・・

そのまま恐る恐る相手の女性の顔を見ると、なんだかどす黒い感じの笑みを浮かべてる・・・

正直この時恥ずかしさでおむつを脱ごうかと思いましたが、さっきの

『服従って約束。もう忘れたの?』って言葉が脳裏に焼き付いたままで、

このまま脱いでプライドを維持するのか、それともこの人のこれからされるであろう恥ずかしい命令に従って自分をさらけ出すか・・・理性と性欲が死闘を繰り広げ、結果的に理性が負けました。

プライドとか、一切この時は忘れて、思いっきり恥ずかしい思いをしようと吹っ切れた気持ちで、おむつを自分から脱ぐことはなく、どのタイミングで買ってきたのか、カバンから出された缶のお酒2本を一気飲みしなさいという命令にも素直に従いました。



お酒をのんで30分くらいで利尿作用が効き、どうしてもトイレに行きたくなります。

断られることはわかってはいました。わかってはいたのですが・・・自分はこの要求を拒否されるシチュエーションに物凄く興奮します。なので口を開きました。



『トイレ行ってきもいいですか?』

『ダメだよ。』←即答

『トイレは今日一日禁止だからね♡』


『じゃぁどうすれば・・・』

『おむつにするればいいじゃん。』

『でも・・・』

『大丈夫。替えのおむつはまだまだあるから、いっぱいお漏らししてごらん!』



こんなことを言われて、おもらしを我慢できるわけがありません。

『出ちゃう・・・』自分の羞恥心を最大限にするために、わざとお漏らしを報告。

すると、いままさに絶賛おお漏らし中のそのおむつに耳を当ててきました。

自分のお漏らし中を音聞かれる恥ずかしさってなんか異様ですよねw



もちろんこの後おむつプレイの醍醐味の一つである強制おむつ交換が待ってましたwww

この時、恥ずかしさで悪さができないようにと、手は縛られて上の方で固定。この抵抗

できない状態のおむつ交換物凄く興奮しましたが、なぜ縛るところまでするのかなとも思いました。

しかし一瞬でその答えがわかることに。。



彼女が小さめのバッグからさらに普段は使わないであろう器具を取り出しました。
まったく何個いやらしい道具を持ってきているんだこの人は・・・





『それって・・・』

『わかるよねぇ』

『わかります』

『じゃぁはい。おねだりは?』

『えっ?』

『浣腸してくださいでしょ?』

『浣腸してください/////』(死にたいw)

『はいいい子いい子!』





もうここまで書けばお分かりですよねw

この後の流れも想像するのは簡単だと思いますw

この羞恥のおむつ交換が終わった後もちろん大きい方のお漏らしもおむつに放出させられ、無事にプライドが粉々になりました。

この後射精も無理やりおむつの中でさせられたんですが、内容が薄いんで割愛します。というか、お漏らしの羞恥が大きすぎるw

以上、僕がおむつプレイ童貞を卒業した話でした。









管理人からのコメント

サラリーさんありがとうございました!

管理人もPCMAXのアダルト掲示板つかったりするんですが、おむつプレイってなかなか恥ずかしくてかけないですよねw

管理人自体も実はおむつプレイしようって方の候補がいるんですが、なかなか進展せず、いまだにおむつプレイにありつけてないですw





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。